コーチング 教育

夢を叶える鈍感力

投稿日:



小学校の教員を辞めてドリームサポートコーチになろうと思った一番のきっかけは、
夢がしぼんでいく現場をたくさん見てしまったからです。

幼い頃に抱いていた夢
「〜になりたい。」
が、だんだん
「〜ならなれる。」
に変わってくるのです。

「医者になってたくさんの命を救いたい。」
という夢は教育によってだんだんしぼんできます。

算数のテストが60点だった。
だから、ちょっと無理かもしれない。

こうやって、エフィカシー(自己効力感)が下がっていくのです。
「自分なら医者になれる。」
と思っている状態から、
「自分はこうだから無理かもしれない。」
に変わっていき、
「絶対無理だ、別の夢を考えよう。」
になっていくのです。

自信をどんどん失っていく方向へと進んでいきます。

もちろん夢が変わることはあってもいいのですが、
しょうがなく、自分に嘘をついて、
別の夢を追いかけるなんて悲しいと思いませんか。

夢を叶えた人たちは、
高いエフィカシーをずっと保ち続けられた人です。
なぜそれができるのか。

ある意味で、「鈍感力」があるからです。

大きな夢を叶えようとしたとき、周りの人が足を引っ張ります。
「お前には無理だよ。」
「成績が悪いのに、できるわけないじゃん。」
そんな、周囲の雑音に耳を貸さない鈍感力です。



エジソンが電球の実験で失敗を繰り返していたとき、
周囲の人はなんと言ったでしょうか。

イチローが日本人初の打者としてメジャーに挑戦するとき、
周囲の人はなんと言ったでしょうか。

きっと、
「無理なんじゃない?」
とたくさんの人に言われています。

そんなときにも、
「自分は必ずできるんだ。」
と、エフィカシーを絶対に下げなかったからこそ、
大きな成功をおさめることが出来たのです。

大きな夢を叶えようとすると、
必ず周りの人からの引きずり下ろそうという力が働きます。
自分のコンフォートゾーンを乱されるからです。

自分は、そんな発明できないのに、エジソンはやりやがって。
自分は、メジャーに挑戦できないのに、イチローはやりやがって。

そんな思いが、夢を叶えようとする人を引きずり下ろそうとします。

そんな力を無視する「鈍感力」が必要です。

しかし、
周囲の雑音に影響されないのはとても難しいことです。
よっぽどの強い思いが必要になります。
そんなとき、あなたの思いを支えてくれるのが、
コーチという存在なのです。

教師や、親は、子どもにとってのコーチであってほしい。

子どもの大きな夢を応援する立場、
周囲の雑音から子どもを守る立場に立ってほしい。

決して、エフィカシーを下げる存在になってほしくありません。

だからこそ、教師や親がコーチングを学ぶ必要があるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「教育×コーチングセミナー」
日時  4月28日(土)13:30〜15:30
場所  セミナーパーク202号室
    山口県山口市秋穂二島1062
参加費 3,000円
子どもに関わる全ての大人に知ってほしいコーチングの理論
元祖コーチであるルー・タイスの理論を学んだ私が、
夢のかなえかたを教えます。
子どもたちの夢を応援する立場の方に、そして、自分の夢を叶えたい方に、
ぜひコーチングの理論を伝えたいと思います。
小学校教員をやめた経緯など、
私が教育について思っていることなども合わせてお伝えしたいと思います。

申込先
河村大輔 kawadai1978@gmail.com
お名前とメールアドレスを明記の上、お申し込みください。
後ほど振込先の案内メールをお送りします。
※携帯からの方はkawadai1978@gmail.comからのメールを
 受信できるように設定しておいてください。

こちらからもお申し込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/515269/
・・・・・・・・・・・・・・・・



-コーチング, 教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュートラルな思考

人の思考には 知らず知らずのうちに 先入観が入り込んでいます。 例えば 「親子が手を つないで歩いている。」 と聞くと 勝手に小さな子どもを 連想してしまう。 例えば 「夏休みは子どもにとって 楽しい …

現状の外側

ゴールは現状の 外側に設定します。 セミナーでそう話したら 後で質問がありました。 「現状の外側のゴールだけが ゴールじゃないと 思うのですが。」 確かにそうなのです。 しかし、 現状の外側にゴールを …

星空を見上げよう

先日の星空はとても綺麗でした。 山口県の田舎町では、 肉眼で星がくっきりと見えます。 10分も空を見上げていると、 流れ星がほぼ確実に見えます。 星と星の間をゆっくりと動く 人工衛星も見ることができま …

ツッコミで感情をコントロールする

人は強い感情を抱くと、 論理的思考ができなく なってしまいます。 例えば、恐怖という感情。 目の前に熊がいたら一気に 恐怖という感情が 頭の中を支配してしまいます。 おそらく一目散に逃げる という行動 …

生きた教科書

コーチングに出会い 小学校教師を辞めて3ヶ月。 私自身も夢をかなえつつあります。 ゴールを設定し セルフトークを整えていると どんどんエフィカシーが 上がってきているのを感じます。 実際に私自身も コ …