コーチング

「こんなの絶対無理!!」といってしまうときは・・・

投稿日:



なにか困難にぶち当たっときに、
「こんなの絶対無理だ!!」
と言ってしまうときありますよね。

例えば、1週間後にレポートをの締め切りがあるけど、
どうしても間に合いそうにないとき、
「絶対間に合わない。期限内に仕上げるなんて無理だ!!」

つい、言ってしまっていませんか。

これって、自分がやっている行動についてのバロメーターになるのです。
思わず、「絶対無理だ!!」と言ってしまうこと。
これは、「やらねばならない」という考え方、
つまり「have to」でやっていることなのです。

その逆で、「want to」でやっているときには、
「絶対無理だ!!」なんて言葉は出てきません。

例えば、大好きなアーティストのコンサートに行こうと思ったら、
事故の影響で電車が止まってしまっている。
「コンサートに行くなんて、絶対無理だ!!」
なんて言わないでしょう。

どうにかしてコンサートに行く方法を考えるはずです。
他の路線の電車を探す。
バスで行けるかどうか調べる。
タクシーなら幾らかかるか調べる。
友達の車に乗せてもらえないか聞いてみる。
などなど、

幾らでもコンサートに行く方法はあるのです。



これがあまり気が進まない、飲み会だったらすぐに電話をかけるでしょうね。
「ごめん、電車止まったから無理。欠席で・・・。」

自分が「絶対無理!」と言ってしまっているときは、
実は、その行動は「have to」の行動なのです。

その回数とても多いと言う人は、
自分の選択について、少し考え直した方がいいかもしれません。

「ねばならない」という「have to」で行動し続ける人生を歩みたいのか。
「したい」という「want to」で行動し続ける人生を歩みたいのか。

よく考えてみるといいと思います。

さらに言えば、あなたが心からそれをやりたいと思っているならば、
「絶対無理!!」はありません。
必ずそれを達成する方法があるのです。

たとえ「have to」で生きている人たちに、
「そんなの無理だよ。」と言われても、
ひるんではいけません。

あなたの脳は必ず、それを達成する方法を見つけ出します。



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

俺はいいけどYAZAWAは

ロックスター矢沢永吉 矢沢さんの生き方は コーチング的にとても参考になります。 矢沢さんの有名な逸話に 次のようなものがあります。 コンサートで地方を回っているときに スタッフの手違いで、 矢沢さんが …

あれども見えずを問う

授業の名人と言われる 有田和正先生の 有名な発問があります。 「バスの運転士さんは  どこを見て運転していますか?」 この発問で子どもたちの 思考が活性化します。 なんとなくボーッと見学していても こ …

ルフィーの力の秘密

漫画ワンピースの主人公 モンキー・D・ルフィー 物語の中でどんどん成長していきます。 そして、超人的なエネルギーで 困難に立ち向かっていきます。 そのルフィーの力の源はなんでしょう。 なぜあれほどまで …

お金に関する洗脳

先日、広島で行われた 西野亮廣講演会に 行ってきました。 友達のたけさんが 運営に携わっていたので、 私もちょっとだけ お手伝いをさせていただきました。 西野さんは 言いました。 「お金を稼ぐって   …

ホメオスタシスの利用法

前回の続き ホメオスタシス (恒常性維持機能) をどのように利用するのか。 そもそもホメオスタシスは、 コンフォートゾーン (心地よい状態) を保つ機能です。 人間の体温のコンフォートゾーンは 36. …