教育

卒業式の練習で涙が・・・

投稿日:



連日の卒業式の練習。
個人的には、「もういいやん。」と思っています。
でも、個人の意向では動かないのが学校という組織なので、・・・。

昨日は、初めての卒業生と在校生がそろっての練習でした。
私の役割は、ドアの開閉。
「卒業生、入場。」と、
「卒業生、退場。」のアナウンスで、
体育館のドアを開けるというものです。

この役割、とってもいいんです。
ベストポジションを独り占めできる役割なのです。

昨年度担任した子どもたちが私の目の前を通って退場していきます。
かわいい子どもたちの、昨年度よりも成長した顔を、
一人ひとり見ながらエールを送ることができます。

昨日は、本番通りの練習で、目の前を歩いていく子どもたち。

一人ひとり目を合わせようとすると、
チラッと目を合わせて恥ずかしそうにする子や、
しっかりと目を合わせてニコッとする子、
私の視線を感じながら一生懸命前を向いている子。
様々な表情で通り過ぎていきます。

一人ひとりの顔を見ながらいろいろなことを思い出して、
思わず、ウルっと来てしまいました。
まだ練習なのに・・・。

本番になったら、どうなるんだろう?

案外、普通に対応できるのだろうか?

それにしても、何度も繰り返す練習には、弊害しか感じません。
子どもたちの感動が、どんどん薄れていく気がします。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもの言葉とその真意

いつもあまのじゃくなことを言う子、いませんか。 「そんなのどうでもいいし。」 「~なんか大嫌いやし。」 「嫌われてもいいし。」 「面白くないし。」 「ウザイ。」 「ババア。」 「あっち行け。」 聞いて …

エフィカシーを高める

「他の人はできるのに  あなたはどうして  できないの?」 こう言われたこと ありませんか? これは 人のエフィカシー (自己効力感)を 下げる発言No.1です。 他の人たちが できることは あなたに …

不登校児の対応から考えたこと

昨日は、ご縁つむぎ大学のお友達が、 コーチングを学びたいという方とご縁をつないでくれました。 3人で美味しい焼き鳥を食べながら色々な話をしました。 その話の中で、不登校について 考えさせられるお話があ …

自分のユニークを磨こう

友達の勧めで、映画「グレイテスト・ショーマン」を見てきました。 好評だったので、2回も延長されていたそうです。 家族と予定が合わず、一人で見に行ったのですが、 一番後ろの席で何度も涙をぬぐいながら見ま …

これを知ったら人生が変わる!

これを知ったら人生が変わるという ききかたを勉強してきました。 ご縁紡ぎ大学の第2講座で、 ビリーさんこと山下義弘さんに教えてもらったことです。 素晴らしい講座だったのですが、 その中でも 「聞く」の …