教育

卒業式の練習で涙が・・・

投稿日:



連日の卒業式の練習。
個人的には、「もういいやん。」と思っています。
でも、個人の意向では動かないのが学校という組織なので、・・・。

昨日は、初めての卒業生と在校生がそろっての練習でした。
私の役割は、ドアの開閉。
「卒業生、入場。」と、
「卒業生、退場。」のアナウンスで、
体育館のドアを開けるというものです。

この役割、とってもいいんです。
ベストポジションを独り占めできる役割なのです。

昨年度担任した子どもたちが私の目の前を通って退場していきます。
かわいい子どもたちの、昨年度よりも成長した顔を、
一人ひとり見ながらエールを送ることができます。

昨日は、本番通りの練習で、目の前を歩いていく子どもたち。

一人ひとり目を合わせようとすると、
チラッと目を合わせて恥ずかしそうにする子や、
しっかりと目を合わせてニコッとする子、
私の視線を感じながら一生懸命前を向いている子。
様々な表情で通り過ぎていきます。

一人ひとりの顔を見ながらいろいろなことを思い出して、
思わず、ウルっと来てしまいました。
まだ練習なのに・・・。

本番になったら、どうなるんだろう?

案外、普通に対応できるのだろうか?

それにしても、何度も繰り返す練習には、弊害しか感じません。
子どもたちの感動が、どんどん薄れていく気がします。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今の教育システムに疑問をもっている先生いませんか

小学校の教師になって15年。 若い頃はとにかく無我夢中でやってきました。 しかし、だんだん積み重なってくる違和感。 「なんか違うよな。」 「なんで、こうなってるんだろう。」 こんなことが、少しずつ蓄積 …

「心配だ。」という代わりに

保護者と話していると、よくこの言葉が出てきます。 「~が心配なんです。」 その気持ちはよくわかるのですが、 その言葉を口に出すことが子どものためになるとは限りません。 むしろ、子どもにとって悪い影響を …

孫正義の打率は○割

「成功している人ほど、打率は低い。」 夢をかなえたいと思っている人に この言葉を贈りたいです。 成功している人は、 何度も三振や凡打を繰り返しているのです。 講演会に行ったときに、こんな話を聞きました …

ルールを守らせる教育

学校にはさまざまなルールがあります。 先生はルールを守らせるためにいろいろ工夫します。 ルールを破ったら罰を与える。 ルールを守ったらご褒美を与える。 ルールを守る大切さを語る。 こうやって学校を卒業 …

多数派=よい?

新学期が始まりました。 テレビや新聞では 「不登校」 という言葉が みられるようになりました。 なぜ不登校が起きるのか。 それは 学校の仕組みに 問題があるからです。 学校は その年齢の平均的な 子ど …