教育

叱らない卒業式の練習

投稿日:



私は卒業式の練習が大嫌いです。

何度も何度も繰り返される呼びかけの練習
何度も何度も繰り返される歌の練習
何度も何度も繰り返される礼法指導

ごそごそしてしまう子がいると、
「コラー!」
と怒鳴り声が響きます。

何度も繰り返される練習に子どもたちは慣れっこになってしまい、
本番での感動も何もありません。

「1、2回、卒業式の流れを練習して、後は本番」でも十分いけます。
それなのに、何度も練習を繰り返すのは、
完全に教師の見栄です。

「自分が卒業式の練習担当だったらいいのにな。」
と何度も思っていました。

今年も卒業式の練習が始まりました。

例によって、ごそごそするうちのクラスの子。
ジッとしている練習なんて苦痛以外の何物でもありません。

1日目の練習が終わった次の日、
私は学級で子どもたちに言いました。

「昨日の練習で、すごくがんばっていた人がいました。
 卒業式ではほとんどが、座って待っている時間です。
 これは大人でも難しいことです。
 でも、○○君はずっとよい姿勢のまま、座っていました。
 先生は、すごくかっこいいなと思いました。
 みんなもぜひ○○君を真似してほしいなと思いました。」

その日の朝から、○○君を褒めちぎりました。
「やっぱり○○君は、姿勢がいいなあ。」
「○○君は算数でも大活躍するね。」

その日、2日目の練習では、
前日にごそごそしていた子が見違えるほどに、行儀よくしていました。

本音を言えば、少々行儀悪くても、
卒業生を心から祝う気持ちがあれば
いいじゃないかと思いますが、
それでも、がんばろうとする姿を見るのは嬉しいものです。

私個人の、意見としては、
明日、卒業式でも十分いけるぐらいのレベルではないかと思いました。

卒業式の練習で、さんざん叱られる。
こんな悪循環を作ってはいけませんよね。

希望を胸に羽ばたいていく6年生を送る在校生。
在校生たちの心が、晴れやかになっていることも大切です。

ガミガミ叱って形だけを整えても、
本当によい卒業式にはなりませんよね。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

教育にコーチングを

学校にはさまざまな 目標があります。 教育基本法 学校教育法 にも目標が明確に 書かれています。 これらの目標が、 学校のすべきことを規定します。 さらに、 学校給食法 学校図書館法 学校保健安全法 …

未来を創りたい子ども、過去に縛られる大人

昨日、教員のサークルでコーチングの理論についてレクチャーしました。 苫米地さんの本「コンフォートゾーンの作り方」に とてもわかりやすく解説されているので その本をベースにして少しお話をしました。 その …

ビジュアライゼーションインタビュー

先日は横浜にある 「コジマ」という ペットショップに行きました。 私のクライアントさんの一人が 将来ペットショップの店員さんに なりたいというのです。 そのクライアントさんは 小学生の女の子です。 ど …

no image

学びは快楽

茂木健一郎さんの講演会で聞いたことですが、 かの有名な本居宣長の逸話です。 国学者として名をはせ、歴史の教科書にも出てくる本居宣長ですが、 彼は、「鈴屋(すずのや)」という私塾を開いていました。 そこ …

さあ入学準備!学力向上のために先生が教える筆箱の中身とは?

現役の小学校教師として、 1年生の子どもたちに学力を保証するための 大切な筆箱の中身についてお教えします。 お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんが、 可愛い子ども、孫のためにいい文房具を用意して …