教育

ちゃんとしなきゃ病

投稿日:



いつかも「ちゃんとしなきゃ病」について書いたような気がします。
またふと思い出したので書いてみます。

学校の中で「あの先生はすごいね。」といわれる先生がいます。
多くの場合、その評価の基準は
「子どもがちゃんとしているかどうか。」
です。

姿勢を正して話を聞いているか。
ずっと黙って聞いているか。
ごそごそ動いていないか。

クラスの子どもたちがそんなふうにちゃんとしていたら、
その先生は「すごいね。」と言われます。
いわゆる「授業規律」を徹底している先生です。

きっとそんなクラスの様子を見た先生も、
「子どもがよく言うことを聞いている。」
「子どもがじっと黙って聞いている。」
という状況を作りたいと願っているのです。

そんな先生にとって「いい子」とは、
「黙って自分の話を聞いてくれる子」
「自分の言うことをよく聞く子」
なのです。

別にそれが悪いことだとは思いません。
でも、ちょっとズレているのではないかと思います。

私たち教師が最も大切にしなければならないのは、
「教室でどんな学習が行われているか。」
ということです。
授業の中身こそが大切なのです。

しかし、授業の中身の良し悪しは同僚の先生はわかりません。
隣のクラスでどんな授業をしているかはそのクラスに入って
授業参観しないとわからないからです。

廊下を歩きながら、ちょっと聞き耳を立てるぐらいではわかりません。
わかるのは、
子どもがシーンと話を聞いているかどうか、
姿勢を正して座っているかどうか。
ぐらいなのです。



ワイワイ騒いでいたら、
「なんだか騒がしいな。」
と思いながら通り過ぎます。

そこで行われている学習が、いかに素晴らしいものでも、
廊下から見れば、「騒がしい」としか見えないのです。

だから、同僚からの評価が高い先生は
「ちゃんとしている学級の担任」なのです。

そういう相互評価をしている学校の先生たちは、
どんどん「ちゃんとしなきゃ病」にかかっていきます。

先輩の先生から「ちゃんとさせなさい」という指導を受けます。
そうか、そういうものかと言って育った先生たちが、
さらに後輩を指導していきます。

「ちゃんとしなきゃ病」の連鎖が続いていくのです。

私の経験から言って、
「ちゃんとしなきゃ病」が重症化するのは、
女性の先生に多いです。
(もちろん素晴らしい女性の先生もたくさんいますが・・・)

「ちゃんとしなきゃ病」が重症化すると、
子どもがちゃんとしていないと不機嫌になります。
いつも眉間にしわを寄せて子供たちの前に立ちます。
いつもガミガミ叱っています。

目線は常に、ごそごそする子を探しています。
見つけるのが天才的にうまいです。
どんなにわずかなごそごそでも見逃しません。

「やりなおし!!」
と言って、意味のない行動を何度繰り返させます。

口答えをしようものなら、声を荒げて叱ります。

そして、・・・・・ 授業が一向に進みません。

「ちゃんとしなきゃ病」は結構怖い病気です。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

50メートル走のゴール

小学校では毎年 体力テストがあります。 その中の種目に50メートル走が 含まれています。 巻き尺で50メートルを測り、 スタートラインとゴールラインを 石灰で引くのですが、 教師はそこでちょっとした工 …

日大アメフト部問題に思うこと

日大アメフト問題は、 非常に悲しく、 腹立たしい出来事ですね。 私も教育者の端くれとして 恥ずかしいことだと思っています。 今回の事件は、 もちろん日大の監督・コーチ陣の 責任でもありますが、 同時に …

教師に蔓延する「立場主義」を廃す

私たちは教師という「立場」で子どもたちを指導しています。 教師は、学校という組織を守り、学級という組織を守る立場です。 そんな立場に立ったとき、 「あの子はいい子だねえ。」 という言葉が出てきます。 …

離任式で一人の女の子が・・・

3月30日。 離任式で子どもたちとのお別れをしました。 教室に戻って、最後に担任した子どもたちと少しだけ話す時間がありました。 私が伝えたことは、 夢は必ず叶うよ。 先生も夢を叶えるからね。 応援して …

過去にフォーカスするのはやめよう

忘れもしないS君。 児童会長の選挙で 当選したにも関わらず、 「忘れ物が多い子だから。」 という理由で落選にされそうになったS君。 「S君は児童会長にふさわしくない。」 管理職からそんな言葉が出てきて …