教育

空気を読む子

投稿日:2017年12月22日 更新日:

空気を読む子どもは教師にとって都合のいい子どもです。

授業で教師がダメな発問や指示をした場合でも、
教師の意図を汲んで、教師の意図に沿った答えを言います。
その結果、「この子はいい子」と評価されるのです。



空気を読まない子は、教師にとって都合の悪い子です。
教師の意図を汲むなんてことはしませんから、
言われた通り、素直に答えます。

einstein-1173990_1920.jpg

教師にとっては、「何だ、こんなこともわからないのか。」となってしまいます。
空気を読む「いい子」がいるお陰で、
空気を読まない「素直な子」が悪者になってしまいます。

そして、教師自身は「自分の発問や指示が悪い」ということに気づかないのです。

もちろん教師は、学校で空気が読める「いい子」だった子です。
空気が読めるから、教師に可愛がられ、学校にいい思い出がある子です。

そういう私も、「いい子」だったのです。
先生の意図を一生懸命に理解しようとしていました。
友達が先生に叱られていると、
「なんでわざわざ叱られるようなことをやるんだろう。」
と思っていました。

特に、発達障害の子は空気を読むのが苦手です。
全くできないという子もいます。

先生が、
(道草をせずに)「まっすぐ家に帰りなさい。」
というと、
「先生、まっすぐ帰れません。」
と本気で言います。

こんな子どもたちがいるのに、
空気を読むということを学級全体に強いていては、
その子にとって非常に居心地の悪い学級になるでしょう。

空気を読まなくても、
はっきり、明確に発問指示をしてもらえる。

それだけで、多くの子どもたちのストレスがなくなると思います。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を傷つけるのは自分

身長2メートルの人が、 「チビ!」 と言われて、 怒るでしょうか? 絶世の美女が、 「ブス!」 と言われて、 怒るでしょうか? どちらも答えは、 「いいえ。」 ですよね。 きっと、両者とも、 その言葉 …

子育ての基本

「子どもがいうこと聞かなくて 困ってるんです。」 そんな相談がよく寄せられます。 いうことを聞いてくれない という状態は やはり親子の関係が あまりよくない と言っていいでしょう。 親が悪い 子どもが …

ブリーフシステムの外側へ

1000万部の本を売った編集者の 長倉顕太さんは次のように言います。 「貧乏は遺伝する」 親が貧乏なら、子どもも 貧乏になるということです。 それはなぜでしょうか? ブリーフシステムが影響しているので …

肩書きの力

教員採用試験に受かったとき、 まさに跳び上がって喜びました。 すでに臨時採用で小学校に勤務していて、 休み時間に校長先生から呼ばれました。 パソコンの画面で受験番号を確認し、 それを見つけたときには一 …

夢を応援する教師たちに知ってほしいこと~夢をかなえるコーチング~

先日、授業中に夢について熱く語ってしまいました。 コーチングを知ってから、私の夢についての考え方が大きく変わりました。 今までの私の考え方は、 「夢には叶うものも叶わないものもあるけど、夢を追いかけて …