教育

子どもの言葉とその真意

投稿日:2017年12月20日 更新日:

いつもあまのじゃくなことを言う子、いませんか。

「そんなのどうでもいいし。」
「~なんか大嫌いやし。」
「嫌われてもいいし。」
「面白くないし。」

「ウザイ。」
「ババア。」
「あっち行け。」



聞いている方が、思わずカチンとくるような。
そんなこと言う子いませんか。

そこで、カチンときてその子の言葉を額面通り受け取ると、
お互いにいいことはありませんよ。

kids-1894804_1920.jpg

子どもが発する言葉とその真意とは、
相反することがよくあります。

自分の感情を上手に伝えることができないのです。
感情に流されて、言葉が上手にコントロールできません。

「大嫌い!!!」
っていいながら彼氏に抱き着くシーン。
昔のトレンディドラマでありましたよね。

あれと同じです。

子どもの言葉の言葉尻を追いかけると、
子どもの思いからどんどん離れていってしまいます。

「さっき~って言ってたよね。」
なんていうふうに、子どもの言葉を問い詰めると、
子どもは、「いや、そんなつもりじゃなかったんだけど・・。」
と思いながらも、引っ込みがつかないので、
「うん。言ったよ。だから?」
というふうに開き直ってしまいます。

結局、もともと何が問題だったのか
お互いに分からなくなってしまうのです。

そんな時、有効な言葉がけは、
「本当は、~って言いたかったんじゃないの?」
「本当は~してほしかったんじゃないの?」
というように、
「本当は・・・・?」
と問うことです。

うまく言葉にできない思い。
うまく態度に表せない思い。

これをくみ取って、「~なんじゃないの?」
と問うことで、
レッドゾーンまで吹き上がっていた子どもの感情が、
スーッと下がってきて、
素直になることができます。

「うん。本当は~したかったの。」
というように素直な言葉が出てくるのです。

「自分の思いを分かってくれた。」という安心感が、
相手への警戒心や、自分を守ろうとする気持ちを
解きほぐすのでしょう。

言葉の奥にある真意を読み取ろうとする努力が、
子どもをより良い方向へ導くことにつながります。

これって、大人も同じですけどね。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルールを守らせる教育

学校にはさまざまなルールがあります。 先生はルールを守らせるためにいろいろ工夫します。 ルールを破ったら罰を与える。 ルールを守ったらご褒美を与える。 ルールを守る大切さを語る。 こうやって学校を卒業 …

no image

教育相談で絶対に聞きたいこと

うちの学校では、年に2回子どもと個別に相談をする機会があります。 「教育相談週間」として、学校への適応の様子や、家庭での様子などを 1対1で話をする時間を設けます。 教育相談では、これからの指導に役立 …

教師をやめたわけ

先日、 元教え子の男の子に コーチングをしました。 そのとき、話の成り行きで、 私が教師をやめたわけを 話しました。 話しながら 「そうか、  こんなこと思ってたのか」 と気づきました。 簡単に言えば …

山口県の教育政策に物申す〜相対評価に引きずられる人々〜

全国学力・学習状況調査 平成19年度から始まった大規模な学力調査です。 全国の小学6年生と、中学3年生が調査対象です。 山口県において、この調査の「平均点」が各学校の一番の関心となっています。 全国平 …

no image

やりたいこととやらなければいけないこと

教師を志したとき、やりたいことがたくさん思い浮かびました。 こんなクラスを作りたい。 こんな子どもたちを育てたい。 こんなことを教えたい。 教師として、やりたいことがあるから教師を志したのです。 しか …