教育

人を評価すること

投稿日:2017年12月14日 更新日:

今日は、学校に残って通知票を仕上げました。
明日の朝が締め切りです。

以前はすべて手書きとスタンプだったのですが、
今は、電子化されて、エクセルファイルに打ち込んで、
印刷すればいいようになっています。



私は手書きが苦手で、
手がつりそうになりながら、書いていました。
それを考えれば、通知票が電子化されたことで、
担任の作業はすごく楽になりました。

ただし、電子化されるとミスが起こりやすく、
管理職の先生がチェックをするのに、
かなり神経を使うようです。

通知票を作るときにいつも感じるのが、

checklist-1622517_1920.png

人を評価することの怖さです。

いっそのこと、すべて機械がやってくれればいいのに、
とも思います。

教員も人間である以上、完全にフェアな評価をすることはできません。
フェアであるために、さまざまな基準を作ってそれに従って評価するのですが、
それでも、どうしても恣意的な評価が入り込んでしまいます。

それがよい場合もあるし、悪い場合もあるでしょう。

子どもたちには、
「あゆみ(通知票のこと)はみんなの良さの中で、
ほんの一部分だけを切り取って、先生が評価するものです。
あなたたちの人間全体を評価しているものではないからね。」
という説明をするのですが、それでも何だか気が晴れません。

他の先生だったらこの子をどう評価するのだろう?
この評価は本当にこの子のためになっているのだろうか?

という疑問が毎回のように頭を駆け巡ります。

仕事として、一定の基準をもとに通知票をつけますが、
その通知票の採点がその人間の価値を決めるものではありません。

タバコのパッケージみたいに、但し書きを書くべきではないかと思います。

※この成績は、特定の基準に基づいて担任の目に触れる部分だけを評価したものであり、
あなたの人間的価値全体を評価したものではありません。

ともあれ、今日でこの苦しい作業を終えることができて、
少し、ホッとしています。



-教育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肩書きの力

教員採用試験に受かったとき、 まさに跳び上がって喜びました。 すでに臨時採用で小学校に勤務していて、 休み時間に校長先生から呼ばれました。 パソコンの画面で受験番号を確認し、 それを見つけたときには一 …

第二の日大の悲劇を生まないために

日大アメフト部事件は 私たちに様々なことを 考えるきっかけを 作りました。 私は真っ先に 学校教育のあり方について 反省をするべきだと 考えましたが、 そのことは 家庭教育についても 同様だと思います …

「みんなちがって、みんないい」を実現する教育

金子みすゞさんの有名な詩です。 ・・・・・・・・・・ 私と小鳥と鈴と 私が兩手を広げても、 お空はちつとも飛べないが、 飛べる小鳥はわたしのやうに、 地面を速くは走れない。 私がからだをゆすつても、 …

日本の子どもはダメなのか?

給食を残す子にこんな指導をする先生がいます。 「アフリカの子どもたちはお腹いっぱい食べられないのよ。」 私はこの指導に違和感を感じます。 それと同様に、 発展途上国の子どもたちが学校に行くことを喜んで …

即レスという同調圧力

女子高生の間で、 snsやメールなどの やりとりをするときに、 「即レス」をしないといけない というルールが できてしまっているようです。 すぐに返事をしないと、 「どうしてすぐに  返事しないの?」 …