コーチング

コレクティブエフィカシー

投稿日:



ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コレクティブエフィカシー
という言葉があります。

コレクティブとは
集団的という意味です。

エフィカシーは
ゴールを達成できるという
自己評価のことです。

つまり、
集団的自己評価が
コレクティブエフィカシーです。

ドリームキラーは
人の夢を邪魔するのですが、

コレクティブエフィカシーは
人の夢を応援合う
理想的な人間関係です。

私は先日
それを体験しました。

Refresiaというマッサージ店を
最近オープンさせたばかりの
吉屋裕子さんと
https://refresia.shopinfo.jp/

コラボ企画の内容を
打ち合わせているときでした。

吉屋さんも
私と同じくやりたいことが
たくさんある方で

色々なアイディアを
持っていました。

そのコラボ企画の内容は
もちろんどんどんイメージが
膨らんできてその骨格が
はっきりと見えてきたのですが、

それ以外にも
その企画の続編や
別の企画のアイディアも
どんどん出てきました。

そのほか
吉屋さんの
健康に関する思いや
社会全般に対する思いも
聞いていて

私の頭の中には、
だったら、
この人と会わせたいな
という人が次々に
浮かんできました。

「ああ、またつながった。」
「ああ、またひらめいた。」

の連続でした。

実際にその日、
健康的な食事について
教えている先生に連絡して

Facebookでつながって
もらいました。
きっとここからも
面白い企画が
生まれると思います。

2人で話していると
その企画が
「できない理由」は
全く思いつきませんでした。

「できる理由」
そして、
「もっと広げるアイディア」
「もっと続けるアイディア」
が次々に出てくるのです。

脳がノリにノッている。
そんな状態です。

「ああ、これが
 コレクティブエフィカシーだな。」
と思いながら

話していました。

あなたの周りには
ドリームキラーが多いですか
それとも
コレクティブエフィカシーが
作れる仲間が多いですか?

もし後者ならば
それはとてもラッキーです。

あなたの能力を
何倍にも増幅させてくれる
素晴らしい環境です。

もし前者なら
その集団からは
距離を置きましょう。

そして
コレクティブエフィカシーが
生まれるような
望ましい人間関係を
作る側の人間になりましょう。

お互いの夢を認め合い
お互いの力を高め合う

そんな関係を作りましょう。

大丈夫、あなたならできます。

そのゴールを設定した瞬間に
そんな人たちが
周りにたくさんいることに
気づきますよ。

そのコラボ企画の
内容については
まだお知らせできませんが、
追ってお知らせしようと
思っています。
お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夢をかなえるメルマガ
ドリサポメール
無料登録はこちら

https://maroon-ex.jp/fx100487/vju2ci

ドリームサポートコーチング
ホームページ
https://dreamsupport.info

ランキングアップにご協力お願いします。


生き方ランキング
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



-コーチング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事=お金ですか?

日本人の勤労観は 「人のために働く」 というものです。 はた(側)が らく(楽)になる ことが 「はたらく(働く)」ことだ。 とも言われますよね。 そしてそこに道徳的な価値が 付加されています。 人の …

〜からできない。は、最悪の言い訳

松下電器の創業者で 経営の神様と呼ばれる 松下幸之助が語った成功の理由とは 1 家が貧しかったから 2 学校に行っていないから 3 病弱だったから ですよ。 びっくりしますよね。 多くに人が、 できな …

世の中は楽しいぞ!

ランキングアップにご協力ください ↓ 生き方ランキング にほんブログ村 人はそれぞれ 違う世界に生きています。 この世界は客観的な 誰がみても同じもの ではありません。 世界の全てものが 脳を通して認 …

それ、そんなに大事?

人にはそれぞれ 大切なものがあって それを一生懸命 守ろうとします。 しかし、 それを守るために 非常なストレスを 感じてしまう。 そのストレスで 日常生活に影響まで 出てしまう。 そんなことって あ …

ゴールの達成方法

ランキングアップにご協力お願いします。 ↓ 生き方ランキング にほんブログ村 自分にとって 重要なものだけを 通すという 認知のフィルター RASのことは 何度も書いてきました。 誰にでも備わっている …