抽象度を上げて考える

2018/06/18   -コーチング

先日、 小学生にコーチングをしました。 そして、その小学生に 抽象度を上げるといいよ。 というアドバイスをしました。 意見が対立したときに どうするかという場面です。 話を聞きながら、 やはり抽象度を …

本当にこの子のため?

2018/06/17   -コーチング, 教育

「この子のためを思って。」 というしつけのパターン。 「将来、困るといけないから この子のためを思って叱ります。」 確かにそういう場合も あるかもしれませんが、 多くの場合、 「それ、本当に 子どもの …

善と悪は多数決?

2018/06/16   -コーチング

善を作ると 自ずから悪が生じる 最近読んだ本に書いてありました。 なるほど確かにそうだなと思います。 人は「善」にとらわれすぎて、 イライラを募らせています。 善い母を目指すあまり、 ストレスを溜めて …

生きた教科書

2018/06/15   -コーチング

コーチングに出会い 小学校教師を辞めて3ヶ月。 私自身も夢をかなえつつあります。 ゴールを設定し セルフトークを整えていると どんどんエフィカシーが 上がってきているのを感じます。 実際に私自身も コ …

聖なる〜

2018/06/14   -コーチング

私の大好きな本の中に 「ポジティブの教科書」 という本があります。 武田双雲という 書道家の方が書いた本です。 読んだだけで、心が軽くなり、 楽しくなる本です。 まだの方はぜひ読んでみてください。 読 …

3回目のおくりびと

2018/06/13   -コーチング

先日、アマゾンの プライム・ビデオで 「おくりびと」を見ました。 この映画を見たのは 少なくとも3回目なのですが、 自分でもびっくりするくらい 涙があふれてきました。 特に印象的だったのが、 主人公の …

ほらやっぱり。って言ってませんか?

2018/06/12   -コーチング

「ほらやっぱりね。」 口に出すにしろ、 心の中で言うにしろ、 この言葉、よく言っていませんか? 「〜ができた。 ほらやっぱりね。」 「〜ができなかった。 ほらやっぱりね。」 プラスの言葉にしろ マイナ …

〜からできない。は、最悪の言い訳

2018/06/11   -コーチング

松下電器の創業者で 経営の神様と呼ばれる 松下幸之助が語った成功の理由とは 1 家が貧しかったから 2 学校に行っていないから 3 病弱だったから ですよ。 びっくりしますよね。 多くに人が、 できな …

第二の日大の悲劇を生まないために

2018/06/10   -コーチング, 教育

日大アメフト部事件は 私たちに様々なことを 考えるきっかけを 作りました。 私は真っ先に 学校教育のあり方について 反省をするべきだと 考えましたが、 そのことは 家庭教育についても 同様だと思います …

あなたはもっと素晴らしい

2018/06/09   -コーチング

あなたは自分はどんな人間だと 思っていますか? もし人から、 「あなたって本当に賢いね。」 「あなたってすごく美人だね。」 「あなたってすごくかっこいいね。」 「あなたって仕事が早いね。」 「あなたっ …

夢は努力してもかなわない?

2018/06/08   -コーチング

必死に努力しているけど、 夢がかなわないんです。 という人。 多分それ、2つの点で 間違っている可能性があります。 まず1点目、 「必死に努力」ってことは、 そのゴールが「want to」に なってい …

あなた、スルーしていませんか?

2018/06/07   -コーチング

先日、 「あれども見えず」 のお話をしましたね。 人は見たいものしか見えない 仕組みになっています。 人の脳は極めて優秀な臓器で、 実に多くの情報処理を することができます。 しかし、 その脳がフルパ …

無責任だという人

2018/06/06   -コーチング

「好きにすればいいんじゃない?」 と言ったとき、 「そんなの無責任だ!!」 という人、いませんか? 例えば、私は、 「学校に行きたくない。」 という子どもがいたら、 「行きたくなければ  行かなくても …

心の奥底の恐れを断ち切る

2018/06/05   -コーチング

人と話していると、 「きっとこの人、  これが怖いんだろうな。」 と気づくことがあります。 その人が意識している していないに関わらず、 言葉や表情、仕草などに、 その片鱗が見えるのです。 人は過去の …

で、何が問題なんですか?

2018/06/04   -コーチング

最近、人の相談を 受けることが増えてきました。 コーチングを知ってから、 人の話を注意深く聞くようになりました。 注目するのは、 言葉の内容ではなく、 その言葉を発した人の背景となる ブリーフシステム …

あれども見えずを問う

2018/06/03   -コーチング, 教育

授業の名人と言われる 有田和正先生の 有名な発問があります。 「バスの運転士さんは  どこを見て運転していますか?」 この発問で子どもたちの 思考が活性化します。 なんとなくボーッと見学していても こ …

未来を決めてしまえばいい

2018/06/02   -コーチング

先日、下関にて 子育てコーチングセミナーを 開催しました。 私は、子どもを元気にするには まずは親が元気にならないと いけないと思っています。 そのために、 次のことをお伝えしました。 「時間は未来か …

日大アメフト部問題に思うこと

2018/06/01   -教育

日大アメフト問題は、 非常に悲しく、 腹立たしい出来事ですね。 私も教育者の端くれとして 恥ずかしいことだと思っています。 今回の事件は、 もちろん日大の監督・コーチ陣の 責任でもありますが、 同時に …

ネタができました

2018/05/31   -コーチング

今日は私のことについて。 先日子育てコーチングセミナーを 開催したのですが、 お客さんは、なんと・・・・ 0人でした。 そう、お客さんが誰も来なかったのです。 そして、河村大輔はどう考えるかというと、 …

セルフトークのパワー

2018/05/30   -コーチング

人は1日に50,000もの考えが 頭の中に思い浮かぶそうです。 「よし、うまくいったぞ。」 「俺はすごい。」 というポジティブな考えもあれば、 「なんてバカなことをしたんだ。」 「俺はいつも失敗ばかり …